松江・出雲の旅 Ⅱ  足立美術館

ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデン日本一の足立美術館へ
日本一とはどんな庭かしらと思いながら・・・。
e0175924_22495111.jpg
e0175924_22502876.jpg
e0175924_2251115.jpg
e0175924_22514069.jpg

確かにすばらしいかもしれないけど
庭は建物のなかから鑑賞するようになっていて
庭のなかを散策することはできないような庭でした。
私としては庭を散策しながら色々な角度からの景色を楽しむのが好きなので・・・
残念!

横山大観展が開催されていてそちらの方に感動!
e0175924_22443499.jpg

e0175924_2244587.jpg

大観の富士ほど気品に満ちて悠然としたものはないと思います。
大観の言葉
画論に気韻生動といふことがあります。
 気韻は人品の高い人でなければ発揮できません。
 人品とは高い天分と教養を身につけた人のことで、
 日本画の究極は、この気韻生動に帰着するといっても過言ではないと
 信じています。」

やはり若い頃に岡倉天心の薫陶をうけて画道一筋に歩んだ人の言葉には
心の奥底に響いてくるものがあります。


最後にゲゲゲの鬼太郎のふるさと境港に寄りました。
e0175924_23192090.jpg
e0175924_23195191.jpg

町中がゲゲゲ・ワールドです。

横山大観で教養を深めた気分でいたのですが、
ゲゲゲのおかげでいつものモードにもどりました。ああ、楽しかった!

天候にも恵まれ家族とともに過ごす幸せな旅でした。
[PR]
by c-nest2007 | 2010-12-10 22:51 |
<< 紅葉の京都  植治の作った庭 松江・出雲の旅  文人ゆかりの宿 >>