白州正子さんゆかりの里を訪ねる旅

私が白州正子さんという名前を知ったのは20年くらい前です。
いつもいろんなお話をしてくれるF夫人からです。
公開間もない白州ご夫妻のお住まい「武相荘」にも早々と行っていましたが、
あまり知りませんでした。

近年、テレビで白州次郎、白州正子ご夫妻のことが取り上げられています。
婦人雑誌に「日本の美」の真髄に触れる 「白州正子の世界」という特集があり、
その中に「 火祭り  広河原の松上げ 」という項目を見て旅を思い立ちました。
あっという間にメンバーが集まり6名で旅しました。

金沢から車で4時間半、お昼は京都 福寿園本店 京の茶膳
e0175924_2128769.jpg

高尾山 神護寺
空海が唐より帰国して入山し真言宗の基礎を築いたところ
e0175924_21322664.jpg
e0175924_21324840.jpg
e0175924_21331989.jpg

栂尾山 高山時
栄西禅師が宋から持ち帰った茶種を明恵上人におくりました。
古くから明恵上人は茶祖、栂尾山は茶の発祥地といわれている。
e0175924_21532733.jpg

国宝、重要文化財の宝庫で 鳥獣人物戯画 が有名
e0175924_21525171.jpg

山国の火祭り 広河原の松上げ
e0175924_21555322.jpg
e0175924_21562433.jpg
e0175924_2157061.jpg

京都ブライトン・ホテル泊
ここの朝食「朝粥」はおいしい!
e0175924_22335271.jpg

翌日はフェルメールを見てから
白沙村壮 橋本関雪記念館
今年夏季限定初公開の東山別荘郡の一角、日本画家の邸宅
e0175924_226290.jpg
e0175924_226324.jpg
e0175924_2265241.jpg

駒井家住宅
ウォーリズの優美なデザインを残す洋館
e0175924_2293512.jpg

伊賀 「 土楽 」
白州正子先生とゆかりの深い陶芸家 福森雅武氏の工房です。
永井先生のお茶事で氏の奥様とご一緒させて頂いたご縁で
お伺いさせていただきました。
とても気持ちの良い素敵なご夫妻、
ご夫妻の美意識で作り上げたお住まいに皆ウットリです。
e0175924_2218085.jpg
e0175924_22183162.jpg
e0175924_22185615.jpg
e0175924_22192513.jpg

皆ギャラリーを見せていただき土鍋、食器を分けていただきました。
こちらの土鍋で調理するととてもおいしいそうです。(F夫人談)
奥様お手製の「 福さんご 」という
ちりめん山椒、伊賀牛のそぼろ、伊賀牛のしぐれ煮があります。
とてもおいしい!

自分で旅を計画するのも楽しいことです。


  
[PR]
by c-nest2007 | 2011-08-29 22:34 |
<< 晩夏のワンピース 2011年8月のC-nest人間塾 >>