人気ブログランキング |

母から娘へ「梅仕事」

辰巳芳子さんの映画「天のしずく」を見て
私も梅仕事をしたくなりました。

梅仕事」とは
辰巳先生のお母様が初夏に行う梅を使ったいろいろなこと
主に梅干しを漬けたりすることを
「梅仕事」と呼ばれていたそうです。


昔のほのぼのしたおかあさんの日常の行事のようで
とても懐かしく温かなものを感じます。

エジプトに旅行した時にご一緒したミーちゃん(みんなそう呼ぶ)は
有名な美容室のオーナーですが、
どんなに忙しくても梅干しだけは自分で漬けて来たと言って
旅行中の食事の際は必ず手作りの梅干しを勧めてくれました。
「これを食べていたらお腹をこわさないのよ!」と言って

それだけ梅仕事は面白いものみたいです。

私も昔C-nestの庭に梅の木があり
毎年、梅シロップと甘露煮をつくり
私なりの梅仕事を楽しんでおりました。
一度だけ梅干しも漬けました。

年老いた母が去年までは梅干しを漬けていましたが、
「今年はもうできない」
ということで私が漬けてみることにしました。

梅干しにする梅はよく熟したものがいいそうです。
e0175924_2150077.jpg

この位が最高にいいそうです。
e0175924_21501897.jpg

水に一晩漬けて、ヘタをとって
e0175924_21511365.jpg

ホワイトリカーにさっとくぐらせ塩をすり込む
e0175924_2152335.jpg

瓶の中で約一月・・・どうなっているかしら。

青梅は梅シロップにしました。
シロップをとった後の梅は甘露煮です。
e0175924_21543351.jpg


私の「梅仕事」・・・7月の中旬にまたお知らせしますね。
by c-nest2007 | 2013-06-28 22:00 | 暮らしのレシピ
<< 夏のオシャレなポット・・・う~... カトラリーは五右衛門風呂に入っ... >>