地球の悲鳴を聞きながら・・・グリンコンシューマー活動

「夏日」「真夏日」という言葉がどこかへ行ってしまったような
「猛暑日」「極暑日」の夏になりました。

極暑お見舞い申し上げます。

私が子供の頃は世の中にクーラーなどなく
暑くても結構快適に過ごしていたと思います。
水道の水で冷やしたスイカはおいしかったし
夕方には中庭を風が通り抜け
縁側の風鈴の音が心地よく暑い一日の終りを告げて
家族がホットする日本の夏がありました。

麦わら帽子をかぶって外で遊んでいた記憶もあります。

大変な世の中になったんだな~と思いますが、
この温暖化はかなり以前から
アル・ゴア元アメリカ副大統領が警鐘をならしていました。
映画「知られたくない真実」で私たち一般庶民にもわかるように・・・。

私を含めたくさんの人々がその映画を見て、
アル・ゴア氏の訴えかけに耳を傾けましたが、
知られたくない真実は恐ろしい現実になりました。

先日、「環境市民」のすぎ本育生(すぎもといくお)氏のお話を
「環境にやさしい買い物2013」で聞くことができました。
e0175924_18272697.jpg


冒頭、すぎ本氏の
「環境に興味のある人?」という問いかけに
ほとんどの人が手を上げ
「実際に環境に対して行動をおこしている人?」の問いには
ほとんどの人が手を下ろすという結果になりました。

それが環境問題の現実ということです。


日本は大変なゴミ大国でもあることが紹介されました。
日本のペットボトルのゴミの量は欧州すべての国々の総量より
多いそうです。

大変おそろしい現実のお話をたくさん聞かせていただきましたが、
今、私たちが日々の暮らしのなかでできること。
消費者の側から環境問題に働きかけていく活動に
グリンコンシューマー活動があります。
e0175924_18284157.jpg

ブログで延々と書けないけれど
マーケットに行く時にマイバックを持って行きますよね!
それを実現させたのがグリンコンシューマー活動です。

数年前から私も参加させていただき勉強しています。

環境に関心があるだけでは温暖化にストップはかけられません。

暮らしのエコにつとめましょう!!

エコに暮らす知恵を出し合いましょう!!


グリンコンシューマー活動に興味のある方は御連絡ください。
090-2376-3312舟木まで。
[PR]
by c-nest2007 | 2013-08-15 17:49 | 暮らしのレシピ ECO
<< エコ大国だった日本 庭からの贈り物 >>