「梅仕事」Ⅲ  梅干し、シソパッパ完成

今年の金沢の梅雨明けは8月3日位でしたが、
梅雨明け宣言の後にゲリラ豪雨があったりと
いまいちカラっとしませんでした。

でもこれぞ夏空という空を見て
梅も紫蘇も干しました。
(空の写真を撮っておくんだった。)
e0175924_22444397.jpg


こういう時はサンルームが便利です。
窓は全開ですが網戸があるので虫も入りません。
天窓の下にザルを置いて
梅と紫蘇の香りがしてとても気持ちがいいです。

紫蘇はカラカラになるまで干して
フードプロセッサーで粗く砕きザルの目を通して均一にしました。
ちょっと粗い紫蘇の食感がおいしいの!!
e0175924_2315418.jpg

「シソパッパ」というのは
娘が三歳で保育園に行った時
先生が「ミホちゃん、今日は何のお弁当?」と尋ねたら
「パッパごはん」と答えたそうです。
「パッパごはん」って何だろうと先生がお弁当を見ると
ご飯にシソがかかっていたそうです。

シソのふりかけは娘の好物でご飯にかける時
「パッパ パッパ」と掛け声をかけて私がふりかけるものだから
三歳の子供の頭の中では「パッパゴハン」になっていました。

それから我が家では
シソのふりかけを「シソパッパ」と言っています。
[PR]
by c-nest2007 | 2013-08-21 23:02 | 暮らしのレシピ
<< 天地返し  味噌も完成 エコ大国だった日本 >>