人気ブログランキング |

<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

私のお菓子作り そして 飯田深雪先生


私には2歳上の姉がいます。
その姉が小学校の低学年の頃に
家庭科の実習で習ったものを作ってくれました。
それはトーストにいちごをのせてお砂糖をふりかけただけのものでしたが、
幼い私にはこんがり狐色のパンに真っ赤なイチゴと白いお砂糖は
とてもきれいでおいしそうで・・・
感動したのを今でも鮮明に覚えています。

今だったら何でそんなものに感動するの?と言われそうだけど・・・。
もう大昔の話です。

姉が高校生の頃はクッキーも焼いてくれて、
私も自然にクッキーを焼いて楽しむようになりました。

お菓子作りが趣味の叔母もいて
ケーキ屋さんがたくさんない時代に
手作りのマドレーヌやフルーツケーキを送って来てくれたのも
なつかしい思い出です。
その叔母に教えてもらったレシピは今も使っています。
昔のレシピですが、
とても素朴で家庭的な味で私は好きです。
e0175924_22421890.jpg


15歳の私が初めて買ったお菓子の本が
飯田深雪先生のデザートです。
e0175924_22365921.jpg
e0175924_2238396.jpg

もう40年前のレシピですが、
どれもとてもおいしく、
本の随所に作るときの注意点が書かれていて
飯田先生の愛情を感じながらつくることができます。

その後飯田先生のご本を何冊も読ませていただきましたが、
どれも先生の細やかな愛情を感じるものばかりです。

直にお話させていただくことのなかった先生ですが、
テーブルをつくる時、お菓子をつくる時、
いつも先生のおもてなしの心を思いながらさせていただいています。

飯田先生の直弟子さんであるF夫人のお話と
F夫人のおかげで飯田先生を拝見することができたことは
私の心のなかの宝物です。
by c-nest2007 | 2010-09-24 22:42 | テーブルコーディネート

秘密の花園 Ⅴ

イギリス旅行でご一緒させて頂いた
Aさんのご指南のおかげで枝ものの仕立て方が
おもしろくなりました。

秘密の花園ですけどきれいに咲いたので・・・。
e0175924_0233864.jpg


ブルースターは場所を変えたらこんなに咲きました。
e0175924_030347.jpg

これもAさんのおかげです。
彼女と話していたら何となくわかってきました。
ますます庭に意欲的!

少し涼しくなったので
テーブル・セッティングも頑張ります。

テーブル・セッティングをレッスンされたい方は
090-2376-3312 舟木まで。
こちらは庭より年季が入っています。
by c-nest2007 | 2010-09-23 00:31 | ガーデン

C-nest  Garden  September Ⅰ

やっと極暑の夏が終り
虫の音を聞きながら庭仕事ができるようになりました。

気がつくとセミの声はどこかに行ってしまっていました。

春は鳥のさえずりが心地よく、
秋は虫の音が涼しい秋風に乗り心地よいです。

庭に華やかな花はありませんが、
秋の風情を感じていただければと思います。
e0175924_0113937.jpg
e0175924_0115480.jpg
e0175924_012746.jpg
e0175924_012225.jpg
e0175924_0123089.jpg
e0175924_0124790.jpg
e0175924_013099.jpg
e0175924_0135133.jpg

夏のなごりです。
お隣の庭の種が飛んできて咲いたものです。
e0175924_014356.jpg

一眼レフで撮影したものです。
e0175924_2134437.jpg
e0175924_21353188.jpg
e0175924_2136191.jpg
e0175924_2137494.jpg

Mさんにさそって頂いてフォト・レッスンに行ってまいりました。
まだ何もわかりませんが、
おかげで新しい扉を開けることができました。
庭仕事の楽しみが増えました。
by c-nest2007 | 2010-09-23 00:15 | ガーデン

2010年9月のC-nest人間塾

極暑と言われる夏が過ぎましたが、
まだまだ涼しい秋には程遠い日々です。

今日は福井県からのご参加もあり
テーマ  「わたし」 について意見交換をいたしました。

Mさん
「わたしは日常はいつも人にあわせていて
私がないのが私なの」
というご意見に一同うなずきました。

女の人は家族やまわりの人に合わせて
まわりを取り持っているのが日常のような気がします。

日本は島国でおまけに鎖国をしていたから
諸外国のように地続きで侵略されるというおそれがなかったから
他民族に較べ自己主張しないのでは・・・
いえ、仏教国だからよ。
などいろいろな意見がでましたが。

三時のおやつの色々なケーキを前に
私「どうぞ、お好きなケーキをとってください」
Mさん「わたし、このケーキ好き」といちばん先にケーキをゲット
他の参加者から「これはりっぱな自己主張ですね!」
とわたしがないはずのMさんに一同笑いでした。

人と人が上手に関係を築くのには協調性は大切ですよね!

協調性といっても単に同調するのではなく、
広い視点に立って相手のことを考え受け入れながら
自分の意見も伝えていくということかしら・・・。
もちろん、忍耐が大切ね!

次回のC-nest人間塾は

2010年10月13日(水)   13:30~

テーマ    つとめ
           義務や義理にしばられてしまった日本人

参加費  1000円


参加ご希望の方は 090-2376-3312 舟木 まで
by c-nest2007 | 2010-09-19 22:37 | 人間塾

中西進先生をお招きして12月のC-nest人間塾を開催します。 中止

大変残念ですが、
先生のご都合が悪くなり中止になりました。
参加をお考えの方々には
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
2010年10月17日




12月のC-nest人間塾

私たちがテキストとして使わせていただいている
「日本人の忘れもの」の著者である
中西進先生が来て下さいます。

C-nest人間塾は
私の友人であるKさんが東京の中西人間塾を受講されていて
とても良い会だから金沢でもやってみましょうということで
始めたものです。

中西先生から直接お話を聞かせていただく
このような機会はまたとないことなので
どうぞ皆様お誘いあわせのご参加をお願いいたします。

平成22年12月3日(金) 13:30~
会費   3000円    お茶、お菓子付き
参加ご希望の方は   
           090-2374-7637 上川
           090-2376-3312 舟木 
  までご連絡ください。

中西進 先生

1929年東京生まれ。  東京大学大学院修了。
大阪女子大学長、 姫路文学館長, 京都市立芸術大学長などを経て現在、
奈良県立万葉文化館長。  文学博士、文化功労者。

万葉集など古代文学の比較研究を主に、日本文化の全体像、精神史の研究、
評論活動で知られる。

読売文学賞、日本学士院賞、和辻哲郎文化賞、大佛次郎賞ほか受賞。

著書に「日本人の忘れもの」全3巻、「中西進と歩く万葉の大和路」
「万葉を旅する」「日本人のこころの風景」「古代日本人・心の宇宙」
「ことばの風景」「ひらがなでよめばわかる日本語のふしぎ」など他多数。

私たちがテキストに使わせていただいている
「日本人の忘れもの」は
たとえばー「まけるが勝ち」といいます。
勝つためには、いったん敗ける。
そして相手に生かされる道を探るのが、日本人の生き方でした。
生かされて生きること、忘れていませんか?
ではじまります。

この機会にご自分の生き方に忘れものはないか?
確認していただけたらと思います。
by c-nest2007 | 2010-09-09 11:17 | 人間塾